>

通販で買える薬について

薬を処方するための法律

日本において薬と呼んでいいものは医薬品の品質や安全性などに関わる法律、通称「薬機法」の中で「医薬品」と定義されているものとなっています。
ご存知でしたでしょうか?
具体的な種類としては、ヒトや動物の診断、治療、予防などを目的としたもの、それ以外にもヒトや動物の構造や機能に影響を及ぼすものを「医薬品」と定義しており、医薬品の中には機械器具、医薬部外品、化粧品、再生医療等製品は含まれません。
この「薬機法」が、日本における薬の取り扱いのもっとも基本的な法律となっています。
ちなみにこの法律は、以前は「薬事法」と呼ばれていましたが、平成26年から法律が改正され、現在の「薬機法」に名称が改められたという経緯があります。

薬の定義など

では「この物質とこの物質がそれぞれどの位含まれていて、それらがこの割合で含まれているから、これは医薬品(の中の普通薬)」などと定義する法律などは存在するのかというと、そちらもしっかりと存在しています。
それは「日本薬局方」と呼ばれる法律で、その言葉の起源は江戸時代にまで遡ることができます。
「日本薬局方」は、医薬品の基準を定めた規格書と言ってよい内容で大まかに言うと通則、生薬、製剤、試験の方法などが定められているものです。
この法律を守った上で、製薬会社は薬を製造販売しているのです。
尚、「医薬品」は「毒薬、劇薬、普通薬、習慣性医薬品」が含まれており、これらについても、日本薬局方にはその定義が数値とともに細かく記されています。


この記事をシェアする